金利負担の軽視はマンション経営の失敗を招くことにもなる

男性

自分で管理するなら

コイン

マンション経営では、管理会社にマンションの管理の全部または一部をまかせるこも考えてみましょう。マンション経営にトラブルはつきものですが、第三者たる管理会社の力を借りると、失敗せずに解決できる事態も少なくありません。

View Detail

空室リスクを考察する

インテリア

マンション経営では、サブリースをうまく活用することも考えてみましょう。経営に関わる多くのことを自分で行うと、高い収入を得られることがある一方で、失敗してしまうリスクも高まります。サブリースなら面倒な管理業務をする必要もなく、収益も安定します。

View Detail

マンションを上手に運用

マンション

マンション経営では失敗事例を参考にして、上手く収益を生み出すことが可能となります。不動産相場の上昇する中で、利回りをいかに確保するかが課題となります。そこでこれからは、中古市場にも多くの投資マネーが流れ込むと予測されます。

View Detail

金利は慎重に検討しよう

住宅

利回りを低下させる金利

マンション経営で失敗される方の多くが、金利負担を軽く考えていた傾向があります。金融機関から借入れを行いマンション経営を行うことは、2つのメリットがあります。1つ目のメリットが、多額の自己資金を用意する必要がないことです。株式投資のように自己資金が貯まるまで投資を開始できないということがなく、すぐに投資を開始できます。2つ目のメリットが、レバレッジ効果を得られることです。自己資金に対する利回りを高めることができるため、非常に効率的に資産形成を行えます。しかし、金融機関から借入れを行うことは、当然金利負担が発生することになります。金利負担は利回りを低下させる原因となるため、投資家に有利な条件で借入れを行う必要があります。

景気動向を予測しよう

マンション経営で失敗しないためには、今後の景気動向を予測することが重要です。インフレになると予測できる場合には、固定金利が投資家にとっては有利です。一方、デフレが続く、またデフレがさらに深刻になると予測できる場合には、変動金利を選ぶといいでしょう。どちらの金利タイプを選ぶかにより利回りは大きく異なってくるため、景気動向をよく観察し予測することが重要です。また、収益性が高いマンションを購入することも、金利負担の軽減につながります。金融機関はマンション経営を事業として見ており、収益性が高いか低いかで金利を設定します。収益性の高いマンションを購入することは、それだけで金利負担を軽減できるため失敗するリスクを大きく下げてくれます。また、収益性の高いマンションを購入することは、安定した家賃収入にもつながります。マンション経営で失敗しないよう、金利負担に細心の注意を払うようにしましょう。

Copyright© 2016 金利負担の軽視はマンション経営の失敗を招くことにもなる All Rights Reserved.